読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インディーのお話

ボクシング(格闘技)とその他好きになったもの

違和感/ボクシング感想(カネロVSチャベスjr)

Viva México!

 

先日の日本時間で5/7はメキシカンのスター対決でしたね。

 

仕事を終え,家に帰り,ズボンのみ履き替え,シャワーも浴びずに,

そのままTVを付け,録画していた試合を再生しました。

インディー(僕)「さあさあ,今回は間違って試合結果を見ることも無かったし,存分に楽しませてもらいましょうか!」

そう思いながら机を挟んでTV前に座りました。

 

前座のマティセの試合を少しだけ見ましたが,メインを早く見たい!という欲望を抑えきれずに,

コマ送りで先にメインの試合から見始めました。これが録画放送の良いところですね!

 

そして,歴代有名メキシカンボクサーや名試合を並べた,い~~感じの映像を流されて僕はさらに気持ちが高ぶっていきました。

インディー「ビバ,メヒコ!盛り上がるワードだな!」

 

両選手の計量や入場の様子を見たところ,契約体重(164.5ポンド)の関係からカネロはもちろん万全そうなのですが,意外とチャベスjrも悪くなさそうに思いました。まあ,後者はずいぶん絞ったなぁとは思いましたが。

両者入場し終え,リングアナウンスをマイケル・バッファーさんが読み上げます。

インディー「おー,今日のレフリーはギョロ目でプリケツのケニー・ベイレスか。ビッグマッチでは久々に見た気がする!」

 

いよいよゴングが鳴り,両者がボクシングの間合いをとって対峙しました。

 

意外と,体格差があります。

いや,かなり体格差があります。そもそものフレームの違いとでもいいましょうか。

 

1R,カネロはパンチのキレやスピードがあり調子が良さそうです。一方,チャベスはまだ様子見で後半勝負を狙っているように見えます。

インディー「こーれは,後半勝負だろうな。小さい方のカネロは苦手な後半で特に今回は疲れるだろうな。ふふ,楽しみだぜ。」

 

しかし,2R以降もずーっとこの展開が続きます。

ホントにずーーーっと。

 

 

そしてなんと,,気付いたら寝ていました。。

寝落ちです笑。

採点を5Rまでしていたので,6Rあたりで寝たんでしょう。(採点はカネロのフルマーク)

 

あんだけ楽しみにしていたのに。。

疲れていたのか??

それもあるかもしれませんが,あんだけ期待していたからこそ,退屈な試合が増して退屈に見えたのかもしれません。

 

 

はっ!と何かに気付いたように起きた私が見た時計の時刻は午前4時10分。電気はつけっぱ。

あー,寝ちまったと思いながら,もう一度タイマーで電源が切れていたTVを付け,試合を見直しました。

結果はカネロがフルマークで判定勝ち。でもまた寝そうでした。

 

しかし,大変違和感を覚えたことが後半にありました。

 

だから一応,試合の内容から振り返ってみようと思います。

 

 

〇サウル・カネロ・アルバレス VS フリオ・セサール・チャベスjr

「カネロ判定勝利」3-0(120-108 ×3)

インディー採点「カネロ勝利」(120-108)

 

 

カネロの本日のチームカラーは青。毎回様々なチームカラーで統一してくれるのは,ファンにとっては嬉しいと思います。試合では初となる赤毛色(先はほぼ金色ですが)の無精髭姿も似合っております。

チャベスはもろメキシカンみたいな顔してます。

 

1R,元の体格からして大きく差があるように感じました。

しかし,そんなことお構いなしにガンガン打ち込んでいくカネロ。スピードとキレは抜群。

ほぼ減量していないおかげか,相手が何もしてこないおかげか,どんどんどんどん青色のハンマーをぶち込んでいきます。

チャベスはたまに打ち返す程度で,ガード中心の防戦に回ります。

 

そして2R以降は,1Rに両者が見せたスタイルがそのまま加速していくだけでした。つまり,カネロのペースが上がり,チャベスが何もしなくなっていった,ってこと。

チャベスには,2試合前のマティセと戦ったタイラーが3R2:40あたりで走って敵に襲い掛かっていったあの意欲を持って,観客に試合ぐらいは盛り上げてほしかったです。

 

もし減量がきつくて動けなかったとすると,今回の試合内容はパッキャオVSデ・ラホーヤ戦のような展開だったともいえるでしょう。

 

もうそれだけ。

書くことないっすね笑。

 

チャベスは初めからもう少し手を出して,ボディも打っていくべきだったかなー,と思ったぐらい。

敗者へのインタビューでは「打ち返せなかった」言っていましたが,その通り打ち返しても結果は変わらずちょっと盛り上がって負け方がKOになったかもな,ぐらいだと思います。

 

てかそもそも,僕はこのチャベスjrの試合をあまり見たことがありません。笑

故にこの選手のデータがあまりありません。

 

じゃあなんで楽しみにしてたんだよ!ってなりますが,

・人気は出ている選手であるから

・カネロが初めて自分よりずいぶん体格が大きい選手に挑むから

という二つの理由があったからです。

やっぱりそこまで興味のある選手でなくても,人気選手どうしのビッグマッチだったら気になるんです,僕は。

また,今までのようなカネロの体格,パワーが通用しないため,新しいカネロを観れると思いました。実際に,S・ミドル選手のチャベスには今までと同じようなパンチ力で効いていなかった様に思っています。

 

 

 

 

試合内容については以上!

なんですが,

ここで通常とは異なる試合後の展開が始まります。

 

なんとリングサイドで観戦していたゴロフキンが盛大に入場してきたのです!

簡単にですが,選手入場のような感じで演出されて!

そしてそのまま,リング上でカネロと向き合いリングアナウンサーと3人で色々話しながら,両者の試合が9月に行われることが決まりました。(やっとですね!)

 

なんかサラッと決まってしまった感が僕にはあり,それはそれでいいんですが,大変違和感を感じた時間でもありました。個人的にですが。

 

だって,演出がいちいち白々しくないですか?

まるで,カネロが勝つことがわかっていたかのように感じました。カネロのインタビューでリングアナに振られて発した言葉も用意されていたセリフみたいに聞こえたし。

てかまず,敗者からインタビューしていたんですよ?普通は勝者からなんで,なんでだろう?って不思議に思っていたら。。。

 

あーいう,試合後に観戦していた選手がリングに上がり次戦を煽るみたいなのって,予め用意されるものではないと僕は思っています。

予期せぬ事態だから,ピリピリ感があっておもしろくなってきて良いプロモーションになる。

だからあそこまで用意されると,違和感を覚えるわけです。

これをどう感じたかは人それぞれですが,僕の中では完全にスベってました。演出は。

 

変なことも一瞬勘ぐりました笑。

インディー「もしかして今日の一戦,〇〇長があったのでは!?だからあんな試合内容!?」と。

(自分で言っといてそれはほぼないと思いますが。チャベス勝っても同じようにしたでしょう。)

 

 

 

まあ,そんなことはわたくしインディーの個人的な戯言なので,

結果的には「おっしゃーー!!」です!

 

日程は現地時間9/16,メキシコの独立記念日の日を予定しているそうですね。

なのに,会場はアメリカのどこかを予定っていう笑。

またまたビッグマッチが予定されて楽しみです!Viva México!

 

 

 

 

 

以上。

 

 

今回は普段のボクシングの試合とは異なる事が多い日でした。

亀田興毅に勝ったら1000万!」が同日に開催されていたことも理由の一つです。

僕はこの企画すごいよかったと思っています。

これについても明日あたりに投稿しようと思います。

indii.hatenablog.com

 

 

次は,村田の試合かなー?

これは会場かもしれないからなー。ふふふ

 

 

 

 

ではでは。