インディーは考えた!

ボクシング(格闘技)とその他好きになったもの

華のある選手達/ボクシング感想(6/26放送のWOWOWエキサイトマッチによる注目選手、デイビス、ケリー他)

6/26のWOWOWエキサイトマッチは、若手注目株の試合が面白かったです。

 

まず、メイウェザーの秘蔵っ子、ジャーボンテイ・デイビス

そしてオリンピアンのジョシュ・ケリー、シャクール・スティーブンソン、ジョーコルディナ 。

テレンス・クロフォードの試合もあったのですが、その相手のフェリックス・ディアスも、注目株というわけではないですが北京五輪金メダルのオリンピアンでした。

 

こんな感じなので今回の放送は、若手多くて元気で大胆で試合内容がかなり面白かった!

 

 

これらの試合で面白かった試合を書き留めていきます。

 

 

 

 

〇ジャーモンテイ・デイビス VS リアム・ウォルシュ

デイビスTKO勝利」3R2分11秒

 

このデイビス選手は、スピードとパワーはもちろんですが、爆発的な勢いが凄いですね。

メイウェザーと似ている似ていると言われてますが、どちらかというとユリオリキス・ガンボア選手の方が似ている気がします。身長とか身体全体のバネで肉弾戦車のように畳み込むところなんかそっくりかと。

 

正直今回の試合だけじゃ実力はわかりませんでしたが、デイビス選手の必殺パンチは左アッパーではないでしょうか。

下の動画のとどめの左アッパー3連発なんて、盛り上がりますよね!

www.youtube.com

 

 

ボクが嫌いなロマチェンコ選手を是非とも倒してほしいですね!

もし階級下げれたらリゴンドー選手との試合も見てみたいかも。

 

 

また、試合後にはメイウェザーが注目の的となっており、マクレガー戦や自分の名前についてコメントしていました。

フロイド・ジョイ・メイウェザーが正しい正確な名前なんですね。初めて知りました。。

 

 

 

 

〇ジョシュ・ケリー VS ジョニー・ビナ

「ケリーTKO勝利」4R1分27秒

 

うん、面白い選手が出てきましたね!

まさにハメド的なボクシングをして、見る者の注目を集めます。

 

ハメド同様よく動くステップでガードの隙間でもあたる角度でパンチを打ち込む。そのステップがコンビネーションに交じってるから余計パンチがヒットする。パンチのキレもある。

また、オリンピアンなだけあって、基礎がしっかりしており、くっつくぐらいの接近戦ではガードも上げます。

 

唯一弱点は、ガードを下げたままの顔面に中間距離で一発大きなパンチをもらいそうなことです。

実際試合でも小さいパンチはちょいちょいもらってましたし、ディフェンスに関してはそこまですごいとは感じませんでした。

でも、意外と打たれ強そうな面もあったので、そこはタフさでカバーできるのかも?

 

 

ちなみにこの選手、最近の試合を左フックを7発連続で振り回して勝利しています。

この試合がTwitterで軽く拡散されてたんで、軽く注目はしていましたが、放送で見てもやっぱ良い選手、華のある選手ですね。

 

 

 

 

 

〇シャクール・スティーブンソン VS カルロス・スアレス

「スティーブンソンTKO勝利」1R2分25秒

 

この選手、リオ五輪バンタム級銀メダルで、マチュア時代から大変注目された選手です。

 

しかも、ただ注目されるだけではありません。

その獲得に、現所属のトップランクメイウェザー・プロモーション、GBPなど有名どころばかりが名乗りを挙げた事でも注目されていました。特に当時はメイウェザーの熱烈歓迎ぶりは、すごかった気がします。

実況の高柳さんのお話によると、今はプロモートにはあのウォードも関わっているとか。

 

試合内容は、長身のサウスポーから基本に忠実な攻略されにくそうなボクシングなので、世界チャンピオンまではあっという間でしょうね。

 

どちらかというとボクは、試合自体よりも雰囲気にスター性があるから人気が出そうな気がしています。

恐るべき19歳!

 

 

 

 

〇テレンス・クロフォード VS フェリックス・ディアス

「クロフォードTKO勝利」10R終了時

 

スイッチヒッターのクロフォード選手。最近はサウスポーの比率が大きいなぁと思っていましたが、今回は全部サウスポーで戦っていました。

確かに、サウスポーの方が上手い気がします。

 

個人的には、接近戦もそのまま戦えることがすごいと思います。

普段と逆構えでもできるのはできる人多くいるとは思いますが、接近してガード挙げた時、ディフェンスもしようとする時は、とっさに普段の構えに戻ってしまうと思うんです。慣れてる構えが安心すると無意識に反応するからでしょうか。

それでも、クロフォード選手はスイッチできるのに、接近戦でもずっと逆構えで戦える。怖くないんでしょうか。

しかし、ディアス選手の速い踏み込みと伸びる左右フックのパンチは、多少もらっていました。だから、実は焦ってたんだとは思いますが、敢えての逆構えだと思います。敢えての。

 

クロフォード選手は特に目立つ武器というのはありませんが、長いリーチと浜田さん曰く「右構えでも左構えでも世界チャンピオン」という程の技術が強みでしょう。

攻略はかなり難しいかと。

有名どころとやる機会が少ないので、今後はビッグマッチのみ期待します。今なら選手はいっぱいいるはずです。

インドンゴ選手にも勝てると思いますし、マイキーガルシアよりも強いと思います。これだけの選手ですから、たぶんプロモーターが慎重なんでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

デイビス選手もケリー選手もそうですが、華のある選手は印象に残るフィニッシュができますね。

特に、同じパンチを連打を打つのって結構印象に残るんだってこともわかりました。思えば、メイウェザーも右3連発だったり、ロイジョーンズも左フック何連打も打ってたりしました。

 

 

 

あと、注目株の選手の中でジョー・コルディナ選手もいましたが、ミスマッチすぎて全く実力がわかりませんでした。

むしろ、この対戦自体が気になりました。

メイウェザーVSマクレガーがミスマッチなんて言われてますが、こういうのこそ、マジで危険なミスマッチなのでやめた方が良いですよ。

最近、元UFCの選手がボクサーとボクシングマッチして派手なKO負けで亡くなりましたが、そうならないためにもホントにやめてください。育成だか何だか知りませんがこういう試合の組み方。亀田選手のAbemaTVみたいにヘッドギアでも付けさせましょう。マジで。

indii.hatenablog.com

 

 

 

他に、五輪選手にちなみますが、リオ五輪に日本代表として出場していた森坂嵐選手(大会では1回戦敗退)は、合同練習などでスティーブンソン選手とスパーリングを行ったことがあるそうです

森坂選手は、現在アマチュアボクシングの日本選手の中で(1番といえるかもしれないぐらい)非常に注目されている選手です。

そしてその感想では、「ディフェンスは上手かったが、かなり差があるようには感じなかった」という様なことを言っていました。という事は、次世代を担う若者ボクサーも十分に世界に通用し得るという事です!

まあ、その差を埋めるのには時間がかかるかもしれませんが、これは大いにボクシングファンを期待させてくれる発言ですな。

ジュニア時代から活躍するアマの選手達の中で、大学卒業後も(五輪目指す以外で)ボクシングする選手は、自衛隊体育学校とか地味なとこに行くんじゃなくてプロでぜひ活躍してください。お堅くはないですけど、絶対華やかで面白いはず。(連盟の問題とかがめんどくさそうだが)

そしたら日本ボクシング界も盛り上がります!

 

 

 

 

 

 

以上。

 

 

 

みなさんって、パッキャオ選手の試合って楽しみにしてるんでしょうか?

ボクは正直あんまり興奮しません。

それでも、一応見るっちゃ見るんですが笑。普通の世界戦として、って感じです。

 

その他のビッグマッチはめちゃ興味ありなんですが。

どんどん続くんで、興味あるのは特に予想から書いてみようかな。

 

 

 

 

てか最近、ジョーさん解説いないから寂しいですね。早く解説が聞きたい。。

 

 

ではでは。

 

クリンチがカギだった/ボクシング感想(コバレフVSウォード2、他)

「The Rematch」と題された日本時間6/18(日)のメインとコメインの試合、

コバレフVSウォード2、リゴンドーVSフローレスの感想を書きます。

 f:id:indii:20170620010029j:image

 

 

〇セルゲイ・コバレフ VS アンドレ・ウォード2

「ウォードTKO勝利」8R2分29秒

 

indii.hatenablog.com

【とりあえず速報感想】でも述べたように、ウォード選手が勝利しました。しかも、TKOで!

 

 

・予想以上にウォードの接近戦が上手く、ボディブローのキレがハンパない!

 

これが試合最も印象的でした。

 

1R目から自分も相手も当たらないような、かなり遠めの距離で相手の強打を避けます。

しかし、それでは結局自分も当てられないから急に近づいて距離感を狂わす。この距離感を狂わすという事までは予想通りだったんですけどね。

そこから、コバレフ選手の強打を食うか?距離感狂わして最後までコントロールするか?なんて思っていたら、そのままウォード選手は接近戦を中心に勝負していくではないか!

しかもやたらとボディを打つ!

 

そしてまた、この左右ボディブローのキレがハンパない。

なんというか、「ドフッッ!!」ではなく「パキッッ!!」みたいな笑。

 

普通ドスンパンチがボディに有効なはずなんですが、早くてキレのあるパンチでも十分効かせられるんですね。これは勉強になります。

 

また、接近戦では有効打をほとんどもらいませんでした。

防御感がいいのと、クリンチワークの上手さではコバレフ選手より何枚も上手でした。

だから、ロープに詰められてもさっとクリンチしたり押したりしてボディ打ちに切り替えてじわじわとコバレフ選手を攻めることができました。

 

 

・ウォードのパンチは見栄えがいい

 

第一戦に続いて、また思いました。だからジャッジはウォード選手に付けてしまうんだと思います。

これはジャブでもボディでも思いました。

 

一方、コバレフ選手のパンチは強そうですが、ウォード選手のそれと比べるといまいち静かに移ります。

現に、両方のパンチが当たりそうな距離ではコバレフのジャブはかなりヒットしていました。正直、ウォード選手よりジャブの数なら多くヒットしているかもしれません。(逆にジャブしかヒットしなかったが。)

それでも、なーんとなくウォード選手のジャブの方が良い!上手い!と思ってしまいます。

これを踏まえると、ボクサーたちは一発キレのあるタイミングの良いパンチに集中して当てることがポイントを取れるコツだといえるかもしれませんね。

 

 

・トニーウィークスはローブローに甘い?

 

メイウェザーVSマイダナの時も思いましたが、トニー・ウィークスさんはローブローへの注意がはっきり言って甘い気がします。

 

今回のストップのきっかけであるボディブロー、コバレフ選手はローブローだったと批判していました。確かに、はっきりとベルトラインを打ち込んでいましたから。

とはいっても、ボクは他の多くの方の意見同様に、金的ではなくボディでコバレフ選手は効いていたと思っています。

ファウルカップ付けた方ならわかるかと思いますが、あれ結構上にずり上がってますし。

 

しかし、あれはレフリーによっては注意を促す人もいます。だって「ベルトラインより下」がローブローなのですから。

だからコバレフ選手の主張もわかる気はします。いつものジャッジならとってるんじゃないの?って思うから。

まあレフリーも人間ですから、ベルトライン「より」下だったかなんてあの速いパンチを瞬間に確実に見ることは不可能なんで、ボクサー自信が鍛えておくしかないってことですかね。。

 

 

・他気になったこと

まず、飯田さんウォード好きすぎますね笑。(ウォードというか技巧派?)

まあわかってたことではありますが、あそこまでポイントをウォード選手に振るとは。

ちなみに、公式ジャッジは7R時点で2-1ウォード優勢だったそうですが、2者とも67-66なのに対し飯田さんは69-61で1R以外全部S.O.G.っていうことが物語っているでしょう。

 

 

技巧派は再戦に強いですね。

もう一回戦っても80%でウォード選手が勝つでしょう。

 

作戦はもちろんのこと、ジャブなら多少もらっても動じなくなった精神力もウォード選手の方が上だったというですね。

 

 

 

〇キジェルモ・リゴンドー VS モイセス・フローレス

「リゴンドーKO勝利」1R終了時

 

これは意外な結末でした。

1Rのゴングが鳴った後も、お互いパンチを出し合いリゴンドー選手の左ショートパンチが相手の顎にカウンターでヒットし、フローレス選手が少し大げさに失神したように倒れこみました。(効いたのは確かですが失神するほどではない)

 

試合内容は、いつもの通り冷静に分析から始めるリゴンドー選手と、声を出しながらパンチを振り回すフローレス選手。

特に盛り上がる展開はなかったのですが、ラスト10秒の拍子木がなった後、急にパンチが交錯し始め、リゴンドー選手が右手で相手を抱えながら左を連打!

相手も負けじとパンチを出したのですがこれが間違い。自分より倍ぐらい速い拳で顎をカウンターで打ち抜かれました。

 

しかし、問題はこの試合の処理について。

 

ゴング後のパンチでKOになってしまったため、無効試合か?という雰囲気も漂います。

レフリーのグラッドリッジさんも必死に自分の弁明に励みます。ゴング後にはっきり両選手を止められなかったのですから、そりゃ一応焦りますよね。

でもあんなの誰も止められません。

だから、普通に堂々としとけばいいものを、なんか「あれは抱え込むリゴンドーを注意しにまずは入ったんだ」という感じの話(スロー再生でも確かにそれを意図した行動はあった)を伝え始めるから、自分は悪くないって言い訳しているように見えてしまいました。

ベテランなレフリーなだけあって、ボクはちょっとショックでした。

 

リゴンドー選手は、数少ない試合の中で試合内容がまともですら無くなってきました。

ボクは技巧派見るのめっちゃ勉強になるんでもっと試合してほしいんですけどね。大丈夫かな。。

 

 

 

 

 

以上。

 

 

何度も言いますが、2017年のボクシングは最高のカードが出そろっているわけですが、

 

indii.hatenablog.com

この試合はどうなるんでしょうか笑。

 

気になるのが放送のことです。

なんか、8/27は普通に亀海VSコットみたいに宣伝してましたけど、やっぱまともなボクシングゲームじゃないと放送しないのかな。関係者の方が嫌がるからかな。

 

WOWOWで「エキサイトマッチ」と「UFC」の解説者がコラボするという光景を見て見たかったのですが。。

やっぱ厳しそ。。

 

 

 

ではでは。

 

【とりあえず速報感想】コバレフVSウォード2

ボクの予想とは異なる結果となりました。

indii.hatenablog.com

 

まあ、当たったっちゃ当たったけど、結末は予想外だったというか。。

 

今回も結構序盤から結構競った試合でした。

が、、、徐々に、、

 

という感じで6、7Rあたりは進みました。

 

 

 

そして正式な結果は「ウォード8RTKO勝利」。

ちょっと低いかな?と思えるベルトのボーダーライン辺りへのボディ連打でのストップ。

 

 

ボクの各ラウンドの採点は以下の通り。

 f:id:indii:20170618131639p:image

 

ちなみにいっつもこんな感じで、iPhoneの「メモ」アプリ使って採点してます笑。マジで。

「?」のとこは割れてもおかしく無いところ。

 

 

 

しかし、ウォード選手があそこまで接近戦に強いとは思わなかったです。

 

試合展開事態は予想通り、距離を取って時おり詰める的な感じだったけど、

接近戦とボディ打ちの上手さ、コバレフのボディの弱さは予想しておりませんでした。

 

今後は、クルーザー級よりスティーブンソンと見たいな。

負けてしまったコバレフがやってもいいかも。

 

 

 

また後ほど色々書きたいと思います。

 

 

ではでは。